どこで受けるか

アレキサンドライトレーザーは、医療機関でのみ受けることが可能です。美容外科や皮膚科などで受けることができます。また、施術を受ける頻度ですが、こちらは受ける部位によっても異なりますが、だいたい2~3か月に1度くらいのペースで、およそ6回と考えていると良いでしょう。毛深い方などであっても、10回程度受ければつるつるになります。個人差がありますが、一年でほとんどの脱毛が可能。その後半年から一年かけて残りの毛を脱毛して行くといったイメージになります。

アレキサンドライトレーザーは、皮膚に冷却風などを吹き付け冷やしながら行う脱毛なので、痛みもあまり感じることなく進めることができます。まず、施術部位に麻酔クリームを塗り毛を剃ります。次に、ジェルを塗って施術開始。(中には、ジェルが不要のマシンもあるようです)施術後は、肌のケアをして終了となります。短時間で施術ができるのも、アレキサンドライトレーザーのメリットなのですが、両脇であれば5、6分程度で施術は完了します。

せっかく時間とお金をかけて脱毛するなら、確かな方法で綺麗を目指していきましょう。そして、自分の肌に自信を持って過ごせるようにしたいものです。

アレキサンドライトレーザー脱毛

レーザー脱毛とは、脱毛サロンやエステサロンなどでは受けることができない医療機関だけのもの。医師の管理の下、受けられる脱毛方法です。現在、レーザー脱毛には、「ダイオードレーザー」と呼ばれるものと、「アレキサンドライトレーザー」があります。

どちらにもそれぞれ特徴とメリットがあるのですが、この内アレキサンドライトレーザーは太くしっかりとした毛の脱毛によく用いられる方法です。例えば、脱毛を受けたい部位として一番人気である脇の毛は、毛が太くしっかりとしていますが、こういった部位の脱毛にアレキサンドライトレーザーは用いられます。他にも、ビキニラインなどの脱毛にも用いられます。

特徴としてメラニンに反応することで施術を行うものなので、日焼けしすぎた肌には利用できない場合があります。また、メラニンに反応しますので、シミやそばかすなどにも効果が期待できといった良さもあります。美肌効果があるのも嬉しいところです。くすみの改善も可能だと言われています。

しかしながら、デメリットもあります。しっかりとした毛の施術には向いているのですが、産毛のような細い毛の脱毛には向いていません。また、気になる痛みですが、ビキニラインなど太い毛の施術の場合は、他の部位よりも多少痛みが強く感じられます。

レーザー脱毛について

肌のコンディションが良いと、それだけで自分に自信がもてるものです。特別肌を露出するようなファッションを着ない方であっても、半そでやスカートから見える手足はやはり人の目につくもの。その際、きちんとお手入れがされていると、綺麗に見えますし清潔感も感じられます。しかしながら、お手入れがされてないとどうしても清潔感に欠けてしまいますし、せっかくの美脚や細い腕もあまり美しく見えなくなってしまいます。

脱毛することで、ムダ毛の自己処理が簡単になりますし、自分で行うお手入れよりもより美しい仕上がりが可能になります。脱毛は色々な方法があります。比較的安く利用することができる「脱毛サロン」。医師が診察を行い、医師の管理の下で施術を受けることができる「レーザー脱毛」。どちらにもそれぞれメリットがありますので、自分が良いと思う方法で試してみてください。いずれにしても、実績のある安心安全の場所で受けるようにしたいものです。

レーザー脱毛は医療機関でしか受けることができない特別な方法です。威力の強いマシンを使ってスピーディーに行って行くので、短時間で広い面積をガンガン脱毛して行くことができます。施術を受ける部位にもよりますし、毛の量や毛の太さなどによっても違いはあるのですが、だいたい6回程度受けるとかなりつるつるした状態にすることができます。ここでは、レーザー脱毛について紹介します。綺麗を目指して、是非検討してみてください。